マンションは特に注意を 計画停電ならこうなる

 
ここ最近、暑さが増してくるにつれ、マンション内の掲示板やエレベーターの中に「計画停電時の注意書き」が貼られているのを、よく見かけるようになりました。

計画停電が実施された際、マンション住まいの方は、一戸建てに比べてさらに注意が必要だといいます。

電気が使えなくなるのはマンションも一戸建ても一緒のはず、なのになぜマンションは特に注意必要なのか… その理由とは何なのでしょう?

 

 
マンションには、エレベーターやオートロック、機械式駐車場、宅配ボックスなど、一戸建てにはない共用設備がたくさんあります。

これらの機能停止に加え、給水ポンプへの電力供給が停止すれば、当然断水するわけで、生活への影響は計り知れないものとなります。

無いに越したことがない「計画停電」ですが、いざ実施となった場合、マンション居住者にどういったことがおこりうるのか、そして、どのような対策を行えばよいのかということについて調べてみました。
 

|エレベーターが止まる

停電時には当然エレベーターは使用できなくなります。 停電予定時間の前後はエレベーターを利用せず、階段を利用しましょう。

また、エレベーター利用中に停電が発生すれば、閉じ込め事故つながる恐れもあります。管理組合(管理会社)において、事前にエレベーターの電源を落とすといった対策が必要かもしれません。
 

|オートロックが開かない

停電時のオートロックは「原則的に解錠された状態」になります。 開錠されているということはこじ開けることが可能ということです。

とはいっても、小さなお子さんにはとても無理… 計画停電に備え予め扉を開放しておくマンションが増えると考えられます。

非接触キー(鍵をかざすだけでオートロックを開錠できるタイプ。)は、バックアップ電池が働いて、開錠できるものが一般的のようですが、いずれにしても管理会社に確認が必要です。
 

|機械式駐車場から車を出せない

停電時、機械式駐車場や駐車場の出入口にあるシャッターゲート(チェーンゲート)は作動停止し、自動車の入出庫ができません。

電気が止まってしまえば当然、配水ポンプも止まってしまいます。機械式下段を利用している場合、雨水が溜まって車がダメになる可能性があるので、事前に車を近くのコインパーキングなどに移動させるといった対策が必要です。
 

|宅配ボックスを使えない・防犯カメラも機能しない

宅配ボックスも、停電時には当然使えなくなります。 ま、使えないということは、当然配送業者さんも荷物を預けることが出来ないわけですが、計画停電実施直前に荷物が届くなんてことも可能性としてはあるわけで、チョクチョク覗いてみてはいかがでしょう。

また、停電時には防犯カメラもダミー以下の存在になります。オートロックが機能しないうえにコレですから、戸締りなどいつも以上に防犯意識をもつことが大事です。

 

 
今回、マンションの共用部を中心に、計画停電時の主な注意点について例を挙げさせていただきましたが、このほかにも水道・電気・ガスといったライフライン、公共交通機関、医療の問題など心配はつきません。 信号だって止まってしまうわけだし…

先日の一カ月予報によると、九州の8月は晴れの日が多いとのことです。 電力の需給状況によっては、九州電力が計画停電をおこなう可能性がないとは言い切れません。

節電という言葉があちこちで聞こえてきますが、昨日、クーラーなしで寝る方法を試して、快眠できたので最後にその方法をご紹介したいと思います。

裏ワザでも何でもないんですが、バルコニーに扇風機を出しちゃって、そこから室内に風を送り込むんです。 この季節でも外の風って案外涼しいし、朝までグッスリ眠れましたよ~
 

カテゴリー: 不動産コラム   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>