MAILER-DAEMONの原因を探って再送信

 
お問合せのメールに対して素早く丁寧に返信するも、MAILER-DAEMONで返ってくることがあります。このメッセージが届いたということは、相手先にメールが届いていないということです。

相手にメールが届かなかったことを示す「MAILER-DAEMON(メーラーデーモン)」の原因は様々ですが、単に相手先のメールアドレスが間違ってるってだけ…なんていうのが一番の理由だったりもします。


photo credit: StockMonkeys.com via photopin cc

お問合せメールのアドレスをコピペするなりして返信してるわけですから、間違いなくこちらの入力ミスではありません。

かといって、お客様も好きで間違ってるわけではありませんので、何とかその間違いに気付き返信できればと、原因を探ってみるわけです。

まずはメールアドレスをよく見てみます。“.(ドット)”が抜けていないか、間違って“,(カンマ)”になってないか。“-(ハイフン)”じゃなくて“_(アンダーバー)”じゃないかって。


photo credit: vic xia via photopin cc

「gmail.com」が「gmeil.com」になってたのを発見したこともあります。「.co.jp」じゃなくって「.ne.jp」では?って考えたりもします。

タイプミスで二重に打ってるのではと疑ったりもします。例えば、「sseibu」 ではなく「seibu」じゃないのって。

事実、このパターンで送信できたことがあります。もしかすると全く関係ない人に届いたかもしれないけどw

ちなみに、私は使ったことがありませんが指定したメールアドレスが存在するかどうかを確認・判定できるツールやサービスが多数あるようです。

ふれんずやアットホームがそのようなシステムを導入し、お客様がメールフォームに入力する時点でアドレスに間違いがないかどうかが確認できれば、こうしたMAILER-DAEMONのストレスから間違いなく解放されるでしょうね。
 

カテゴリー: 不動産コラム   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>