営業車をプリウスに切換え

 
4月の消費税増税を前に、会社の車の1台をプリウス(中古)に買い換えました。静かで乗り心地もよく、何より燃費がいいのが最高です。

時代の流れか、プリウスやフィットといったハイブリッドカーを営業車に導入している不動産会社は、大手・地場を問わずかなり増えてるようですね。

 

 
大手不動産会社が、燃費効率が高くCO2排出量を大幅に削減することができるハイブリットカーや電気自動車を導入するのはごく自然なことです。

首都圏売買仲介店舗の営業車をハイブリッド車に切換え|東急リバブル

ニュースリリース:「三井のリハウス」営業車両に電気自動車「日産リーフ」を導入|三井不動産リアルティ

地場不動産会社がエコカーを導入する1番の理由は、環境問題ではなく間違いなく燃費の良さでしょう。

プリウスは、後部座席も割とゆったりしているので、お客様のご案内にも適しているかと思います。軽では窮屈な思いをさせてしまいそうだし、高級車である必要は全くありませんしね。

後方見切りが悪いなど、多少の不満もありますが、給油回数はかなり減りそうだし、これから長く活躍してくれそうです。
 

カテゴリー: 日常業務   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>