地番と住居表示番号の違い

 
住居表示が実施される以前、住所の表示には地番と呼ばれる「土地の住所」が使われてきましたが、その方法では人の住所を特定することが次第に困難になってきました。

人口の増加や都心部への集中で、多くの人々が同一地番内の敷地で暮らすようになり、地番を用いて区別することがしずらくなったためです。

 

 
こうした不便を解消するために、住居表示という制度が実施されるようになりました。住所をよりわかりやすく表示するために、一筆ごとの土地にではなく建物に番号を付けたのです。

この住居表示は区域を定めて実施されるため、未実施地域の住所は従来通り地番が用いられます。

 

 
ちなみに、住居表示が実施された地域であっても、従来の土地の地番に変更はありません。登記簿に記載された地番と、住居表示番号は全く関連がないのです。

簡単にまとめると、地番は不動産登記で使用される一筆の土地ごとの番号をそう呼び、住居表示とは住所をわかりやすく表示するために設けられた制度のことを指します。
 

カテゴリー: 不動産コラム   パーマリンク

地番と住居表示番号の違い への1件のコメント

  1. ピンバック: 住居表示から地番を管轄法務局に電話照会 | 古賀裕士の不動産コラム

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>