PC版Googleマップで調べた地図情報をiPhone/iPadに送信

 
iOS版Googleマップアプリのアップデートで、特定の場所をパソコンからiPhone/iPadに送信できるようになりました。

パソコンとiPhone/iPadとも同じGoogleアカウントでログインしていれば、iPhone/iPadでPC版Googleマップの検索履歴を見ることは可能でしたが、そこから一歩進みますます便利に。

 
 

 

物件調査や写真撮影に行く前に、PCで検索してからっていういつものパターンですが、お出かけ前にサクッと送信しておけば、出先で履歴を辿ったり再検索したりっていう手間を省けます。

パソコン・iPhone/iPad双方ともGoogleアカウントのログインだけは忘れずに。iOS版Googleマップは「設定」から「通知」をタップし、「デスクトップ版マップから送信」をオンにする必要があります。

 

いつも通り、PC版Googleマップで行きたい場所を検索。検索窓の下に「携帯端末に送信」という項目が出てくるのでそこをクリック。

 

 
送信可能なiOSデバイスが表示されているはずなので、あとは選んで送信するだけ。

端末が表示されない場合は、同一アカウントでログインしているかどうか、iOSデバイスがGoogleマップアプリの通知を許可しているかを確認してみてください。

 

 
iPhoneに通知が届くので開くと、先ほどPCで検索した場所が表示されました。

 

 
iPadにももちろん送信可能。地図が見やすいのは断然こっちですよね。

 

 
ナビゲーションの音声案内で「入口」と「出口」を反対にいう以外、「iOS版Googleマップ」に不満点はありません。

iOS9では、Appleの純正マップアプリ「Apple Maps」が大幅に改良されるようですが、一日の長がある「Google Maps」に追いつくのはまだまだ先の話かもですね。

 

カテゴリー: 不動産業務が捗るApp   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>