5月最後の開札日

 
開札日22年5月31日:マンション24件(内取下1件、取消1件、)、土地建物19件(内取下1件)、土地1件

 

 
5月は3週にわたって開札が続きました。この時期に再販物件を確保したかった業者さんもきっと多かったはず…

当社も再販を担当させていただいている業者様の多くの落札を期待していたのですが、激戦が続く福岡の競売市場では、そうそう簡単に物件を取得するのは難しいようです。

コープ野村東姪浜に45本の入札

 
今回、もっとも入札を集めたのが西区姪の浜のコープ野村東姪浜。福岡市空港線「姪浜」駅まで徒歩圏内、昭和62年築の1階部分4DK+専用庭の間取り。

室内写真を見てもわかる通り、完全な空き家の物件… 即再販にかけられるのはもちろん魅力ですが、45本の入札には驚きです。

前回入札なしの物件に460万差

 
前回入札なしに終わり、再競売にかかった東区八田の土地建物。入札がなかった前回の買受可能価額は500万円チョット…

買受可能価額でいつでも買えたはずの同物件に対して、今回2本の入札。次順位が見直された買受可能価額ギリギリで入札したのに対して、落札者とのその差は460万円程ございました。

何かそこにはあるのではないかと、ザッと裁判所の資料を見返してみたのですが、特に何も見つかりませんでした… (何かあれば、福岡のツワモノ業者さん達が見過ごすはずもありません…)

続々出てくる丸美関連の物件

 
破綻した丸美関連の物件が、続々期間入札にかかっています。今回4件の入札にかかったアクロス空港イーストステージをはじめ、平成22年6月28日開札分の期間入札では、グラン博多レジェンド3物件、グランディア高宮ヒルズ5物件の計8物件が丸美関連です。

バルク買いと呼ばれる同業者のまとめ買いにより、アウトレット不動産として債権処理された丸美関連の物件もございますが、話がうまくまとまらず、競売市場へと流れてくる物件はまだまだありそうです。
 

カテゴリー: 福岡地裁の開札まとめ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>