不産動購入はお見合いと一緒!?

 
もう数年前のことですが、ある一戸建てのオープンハウスに一組のお客様がお越しになり、その物件を非常に気にいっていただきました。

話はどんどんと進み、お客様はどこかへ電話をかけています。

 

 
電話を終えたお客様は、わたくしたちに一言… 今、広島から親がこちらに向かっていますと、唖然としているわたくしたちにお客様はもう一言、こういうのうはお見合いと一緒だから…

うーん、確かにそうかもしれません。オープンハウスに来場されるお客様の見学時間はさまざまで、パッと見てすぐ帰られるお客様もいれば、土曜日に来られたお客様がもう一度日曜日に来場されるといったケースもよくあります。

パッと見て帰られるお客様は、描いているイメージと違ったのでしょうし、長時間見学されているお客様は、物件についてもっと知りたい、もっと見たいと思っていることでしょう。

お見合いもそうですが(わたしはお見合いをしたことはありませんが。)、もっと話をしてみたいと思ったのなら、相手を気に入っているということですし、早く終わらないかなぁ… と思ったのなら、先には進まないでしょう。

こうした観点から、お見合いと不動産購入をみてみると、案外共通点は多いのかもしれません。
 

カテゴリー: 不動産コラム   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>