まだ売れていない、何かあるのかしら…?

 
お客様とのやりとりの中で、この物件ずっと売りに出されていますね。何かあるのですか…? という言葉をよくかけられます。

お客様はこういった疑問を感じます。何回もチラシを見たけど、売れていないから何かあるかも…値下げをしたらしたで、値段が下がったからますます怪しい、これには何か理由があるのでは…と。

 

 
不動産の価格は、私ども仲介業者が査定し、売主様の売却希望価格をふまえた上で決定します。

仲介業者は売却物件の媒介契約が欲しいため、売主さまの意向に沿っただけの価格で売りに出されているケースもよくあります。

査定金額と売主さまの売却希望価格に開きがある場合、当然早期の売却は見込めず、値下げの繰り返しという悪循環へと陥いることもしばしば。

このとき、購入を検討されているお客様は思うのです… まだ売れていない、何かあるのかしら… と。

西部リゾートは、単に売却物件の依頼が欲しいとの理由で、安易に媒介契約は結びませんし、常識を超えた価格交渉をされるお客様に対しても、丁重ではございますがお断りをさせていただいております。

まだ売れていない、何かあるのかしら… とお客様が思う物件は、仲介をする不動産業者の適正価格を無視してでも売却物件の依頼が欲しいという思いから生まれているのかもしれません。
 

カテゴリー: 不動産コラム   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>